移植

現在では、歯が失われた場合に他の歯を移植することも可能になりました。

本厚木歯科クリニックの移植

適切な条件がそろえば、歯の移植が可能です

虫歯や歯の破折などで歯を抜かなくてはいけない場合、
インプラント・ブリッジ・入れ歯以外に治療法はないかと悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

実は親知らずなどが残っていれば歯を移植することができる場合があるのです。

本人の親知らずなどの不要な歯を抜いて
失った歯の部位に移植を行う治療法を歯牙移植といいます。

歯牙移植は条件が整わなければできない治療です。
そのためインプラント治療の方が多く行われているのが実情です。

しかし、10代、20代の場合はインプラントを選択するよりも
できるだけ歯牙移植ができるのであればそちらの方法を提案しています。
成長によってインプラントの位置がずれてくることも考えられるからです。

歯をどうしても抜かなくてはいけない場合、一度歯牙移植ができるかどうか、
かかりつけの歯医者に相談してみて下さい。

歯の移植とは

歯の移植は、まだ世間でよく知られているわけではありません。
しかし、失われた歯を補う方法としてはとても有力な方法のひとつです。

歯を失った場合は、義歯(入れ歯)や差し歯、あるいはブリッジを使うケースがほとんどです。
その後、ある時期からインプラント治療も有名になりました。

とはいえこれらの方法はメリットばかりではありません。
どうしても天然の元の歯と同じ状態にはできないのが現状です。

そこで、これらにはないメリットがある方法として「移植」という手段があります。

正確には「自家歯牙移植」と書きますが、 条件がそろえば自分の他の部分の歯を、欠損した部分に移植することも可能なのです。

画像

歯牙移植の仕組み

画像

歯牙移植では、機能していない自身の歯を用います。
親知らずが残っていれば、それを用いることがほとんどです。

移植の際は、歯そのものだけではなく歯根膜も合わせて移植します。
移植が成功すれば元の歯と同じ使い心地を取り戻すことができます。

移植手術の成功率は平均して、80~90%とされていますが、 以下の条件がそろうと、成功率は高くなる傾向があります。

  • まだあまり年齢を重ねていない(特に、40歳以下)の場合
  • 抜歯から2ヶ月以内に手術を行えた場合
画像

他人の歯を移植することは不可能ですが、
人口の歯に頼らない方法で解決できる唯一の方法です。

歯の移植は専門的な技術と相当の修練が必要となります。
幸い、当院には移植を専門的に学んできた医師が所属しております。
ご興味をお持ちの場合は、いつでもお問い合わせ下さい。

 

お電話でのご予約・お問い合わせ tel.046-224-0557
診療時間
9:30〜12:00

/

/

14:30〜19:00

/

/

休診日
休診日:日曜日・祝祭日

© 北厚木市の歯医者、歯科なら、厚木駅すぐの本厚木歯科クリニック. All Right Reserved.